デトロイトモーターショーにて新型Eクラスがワールドプレミアしたようですが、苦しんでいる様子ですね。

スポンサーリンク

最近、異常なスピードだなあと感じる所はありました。
それは私よりもメーカーのほうが遥かに厳しかったのでしょう。
車は命を預けるものであり、所有する喜びがあり、様々なテクノロジーの固まりですからね。

ドイツの高級車、メルセデスベンツは1月10日、新型『Eクラス セダン』の概要を明らかにした。実車は1月11日(日本時間1月11日深夜)、米国で開幕するデトロイトモーターショー16でワールドプレミアされる。
メルセデスベンツのミディアム車としては、10世代目となる新型Eクラスセダンは、「最もインテリジェントなビジネスサルーン」をテーマに開発。セミ自動運転機能の「アクティブレーンチェンジアシスト」など、数々の先進装備を導入する。
外観は、エモーショナルなデザインを追求。クーペのような流麗さに、力強さを兼ね備えた洗練かつスポーティなデザインを提示する。ボディサイズは、全長が先代比で43mm長い4923mm。ホイールベースは先代よりも65mm延ばされ、2939mmとした。
室内は、ダッシュボード中央に大型モニターを採用。12.3インチ(31.2センチ)のワイドモニターが、オプション設定される。また、ドライバー正面のメーターも、アナログとデジタルの2種類を用意。デジタルの場合、サイズは同じく12.3インチ。30センチ以上の巨大スクリーンが2つ並ぶ未来的なインテリアとなる。
また、ステアリングホイールには、世界初のタッチセンサー方式のコントロールスイッチを採用。ドライバーはステアリングホイールを握ったまま、指でスワイプさせることによって、全てのインフォテインメントシステムを操作できる。

ソース:レスポンス
デザインはこちら。
1000401.jpg
最近怒り口からイーッとした口へと流行デザインがシフトしてきた感じがします。
それ以外まさしくベンツというデザインですね。
このEクラスの目玉は何と言ってもここでしょう。

メルセデスベンツのミディアム車としては、10世代目となる新型Eクラスセダンは、「最もインテリジェントなビジネスサルーン」をテーマに開発。セミ自動運転機能の「アクティブレーンチェンジアシスト」など、数々の先進装備を導入する。

最近はIoTだのなんだのと私よりも優秀なガジェットが増えておりますが
このEクラスはその先進装備の数々を導入したものです。
ざっとこんな感じ。

ダッシュボード中央に大型モニターを採用。12.3インチ(31.2センチ)のワイドモニターが、オプション設定される。
ステアリングホイールには、世界初のタッチセンサー方式のコントロールスイッチを採用。ドライバーはステアリングホイールを握ったまま、指でスワイプさせることによって、全てのインフォテインメントシステムを操作できる。
セミ自動運転機能の「アクティブレーンチェンジアシスト」など、数々の先進装備を導入する。

レスポンスに載っているのだけでこれだけあります。数々の先進装備と書いてあるぐらいなので
他にも書いていない先進装備もあるかもしれません。
……凄まじいスピードで先進装備が導入されていきます。
これは当然メーカーも理解しており、それに対し苦慮しなければならない要因が多いとのこと。

アングル:自動車の新技術導入順位、モデル内で「下剋上」の動き
大手自動車メーカーはこれまで最新技術の導入で大型の旗艦モデルを優先し、モデル間の序列を維持してきた。しかし現在開催中の北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)では独ダイムラー(DAIGn.DE) の高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」などがこうした戦略を密かに修正し、モデル内で「下剋上」が起きている様子があらわになった。
11日に発表されたメルセデスの中型セダン「Eクラス」に搭載された半導体やカメラ、ソフトウエア、センサーなどの技術は、より車格の高い旗艦モデル「Sクラス」に組み込まれているものよりも性能が上だった。メルセデスはこれまで最新技術については「Sクラス」に最初に搭載する方針を何十年も貫いてきた。
メルセデス部門を率いるディーター・ツェッチェ・ダイムラー社長はEクラス発表の傍らロイターのインタビューに応じ「技術革新のペースは非常に速く、新型車を出すたびに導入しなければならない」と話した。
新技術導入をめぐる軌道修正が反映しているのは、メーカー各社に対してモデルのラインナップに常に最も新しい技術を導入し続けるよう求める圧力が高まっており、とりわけ若い顧客の獲得競争でそうした傾向が強いことだ。また米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズ(TSLA.O)が採用している、ソフトをアップデート可能な仕組みも業界に広がりそうだ。

ソース:ロイター
どうでもいいけどベンツの社長は世襲なのでしょうかね。
それはともかくとして、Sクラスがワールドプレミア後、わずか1年後リリースされたCクラスですらSクラスと同等の安全装置が導入されていました。
そしてSクラスのワールドプレミアから3年経過したEクラスは、フラグシップのSクラスを遥かに上回るテクノロジーが導入されております。
これまではSクラスを一番槍として、他の車種へ浸透していくように導入されてきたテクノロジーですが
そんな悠長なことをしていると若い顧客が離れていってしまう。
それを防ぐために序列が下の車種に最新のテクノロジーが導入されて
フラグシップが常に最新ではない、という状態となっている様子。
果たしてこれが正しいのかは先々にならなければ分かりませんが(こうするしか方法がないかもしれませんが)
とにかく怖いのがこれです。→Jeepやダッジが装備している「U connect」がハックされ、運転中に不正操作されるようですね
車がスマートになればなるほど、どこかでスマートフォンや車々間通信といった通信できるシステムが導入されることとなるでしょう。
通信できるシステムによって、ハッキングのリスクも高まります。
常に最新のテクノロジーも顧客への訴求としてとても重要ですが、その結果
車メーカーはハッカーとのイタチごっこが火蓋を切って始まりそうですね。

スポンサーリンク